婚約指輪のダイヤモンドとは!その基礎知識について

ダイヤモンドの基礎知識を理解する

結婚指輪よりもさらに高級志向が強い婚約指輪。ダイヤモンドなどの宝石を付けてもらうことも多いものです。しかし、少なくともダイヤモンドの基礎知識くらいは知っておかないと、いざ購入するという時にスタッフとの話も進みづらいもの。まずはダイヤモンドの基礎的な知識をよく理解してから購入の段取りを進めていった方が、婚約指輪選びもスムーズに進んでいきますし、何より指輪選びにも失敗することなく購入することができますよ。

ダイヤモンドのカットの種類を知る

ダイヤモンドの価値を決定づける重要な要素の一つ、それがカットですね。カットにはいろいろな種類があって、それぞれに特徴があるものです。その特徴を理解しておくと指輪選びも楽になります。たとえば、最も定番のカットがラウンドブリリアントカットと呼ばれるもの。これは丸型にカットされたダイヤモンドであり、ダイヤモンドの輝きを最大限に貸すことのできる王道のカットです。ラウンドブリリアントカットをランでおけば間違いないというほどに定番のカットです。

特徴的なカットを選んでも良い

ラウンドブリリアントカットのほかにも、さまざまなカットがあります。中には特徴的で素敵なカットもあり、より愛を表現できるようなものもあったりします。たとえば、ハートシェイプのカットは、ブリリアントカットの応用形であり、より直接的に愛を表すことができるカットとして人気です。また、大きさをアピールしたいのであれば、オーバルシェイプという楕円形のカットを選んでも良いでしょう。上から見ると大きさが強調されて見えるので、よりダイヤの高級感が増します。

婚約指輪と結婚指輪の違いはご存知ですか?前者は結婚の約束をした二人が男性から女性に贈る指輪で、よくダイヤ等がついているものです。結婚指輪は二人がお揃いでつける指輪でシンプルなものが多いです。