結婚指輪はその意味を正しく理解して適正なものを選ぼう

婚約指輪と結婚指輪の違い

男性からするとかなりの高価な買い物になるので悩ましい問題でもあり、女性からすると2人の間で1度きりの出来事なのでしっかりしてほしいと思われるのが結婚指輪です。中には女性から指輪をせがまれる男性も少なくはないのではないでしょうか。しかし、世の中の男性の多くが実は婚約指輪と結婚指輪の違いが分かっていないようなのです。ちなみに婚約指輪はプロポーズの時に贈る指輪で、結婚指輪は結婚してから常時身につけておく指輪です。

結婚指輪はシンプルなデザインを

婚約指輪はプロポーズの時に贈るものですので基本的には男性からのサプライズという形で女性にプレゼントされます。それに対して結婚指輪は2人で選ぶことが多いのが特徴です。その際特に若い人達にありがちなのが、例えば女性主体で選んだ場合ハートが付いているようなかわいいデザインのものを選んでしまうということです。専業主婦であれば問題ないかもしれませんが、毎日会社に出勤する男性側もそれを身につけるとなると考えものです。結婚指輪は人前でつけていてもおかしくないようなシンプルなデザインが好ましいと言えます。

指輪のそもそもの意味とは

結婚指輪はシンプルなものがいい、とは言っても女性からするとやはりちょっとくらいは可愛らしさも欲しいのではないでしょうか。しかし、指輪のもつ意味を考慮するとむしろシンプルなものの方が良いはずです。例えば婚約指輪に多く見られるダイアモンドが使われたデザイン、これは何よりも硬い絆で結ばれているということを表しています。結婚指輪に多く見られる円形のデザインは途切れることのない永遠を表しています。現代では形式にこだわるばかりでその意味が薄れがちになっていますが、特に常時身につける結婚指輪は意味をよく理解して選びたいものです。

古代ローマで約束の証として鉄の輪の指輪を贈った、これがエンゲージリングのはじまりだという説があります。