結婚式場にて初めてもらう見積もり注意点!

見積もりをはじめに作ってもらおう

皆さんは結婚式の見積もりを作ってもらったときにすごく安くてリーズナブルに感じたことはありませんか。最初は会場側も最低限結婚式ができるだけの費用を計算で出してきますが、それは最低限の見積もりに過ぎません。それからだんだんとしたいことも増えていって金額的にはかなり高額になってしまう傾向があるのです。では、できる限り予算額内に抑えたいと考えるときにはまず最初にどのような対策を採る必要があるのでしょうか。

初期の見積もりをできるだけ正確に作ってもらおう

初期の見積もりを作るときに必ずと言っていいほど必要なことは料理のプランやその他演出などで考えているもの、あと引き出物の金額の総計を伝えてそれを見積もりの中に組み込んでもらうようにしましょう。ほとんどの場合金額の変更は人数や料理、引き出物が影響してきます。それらがある程度目星がついているのならばそれらを組み込んでもらうことで正確にとは言えませんが近い数字を最初から知ることができますし他の会場との比較もしやすくなります。

最終的な見積もりに近いものを計算してみよう

皆さんは最終的な見積もりが出る前に自分で費用の計算をしてみたことがありますか。それは案外必要なことで、パンフレットやいろいろなものを見ながら自分に必要なものと金額を全て書き出してみます。そうすることで何が必要なのかを自分が確認することができますし、余計なものが入っていないかを知ることもできます。また、プランナーさんへの伝え忘れも避けることができますので、ノートを1冊購入してそこに詳細をまとめるようにしましょう。

結婚は人生の中でも大きなターニングポイントとなり、特に女性にとっては結婚式を挙げるのが憧れの人も少なくありません。長崎の結婚式場では一人ひとりに合った式場は見付かりますから最高の場所で最高の思い出を作れます。